バチェロレッテの杉ちゃんの大学と経歴は?絵の盗作疑惑は本当?

Amazonプライムで配信中の「バチェロレッテ・ジャパン」に出演していた杉ちゃんこと杉田陽平さんは、バチェロレッテの福田萌子さんが選んだ相手として、最後まで残っていたことで、話題になりました。

職業は、画家であることがわかっている杉ちゃんですが、どこの大学に通っていたのでしょうか。

また、絵の盗作疑惑の噂もささやかれています。

今回は、杉ちゃんの経歴や盗作疑惑について調べてみました。

 

バチェロレッテの杉ちゃんの大学と経歴がヤバい!

バチェロレッテに出演していた杉ちゃんの経歴は、三重県立飯野高等学校の応用デザイン科を卒業した後、2年間「新宿美術学院」という美術系の予備校に通った後、武蔵野美術大学に進学しました。

高校までデザイン科ということは、子どものころから、芸術に長けていたのでしょうね。

新宿美術学院に在籍中に仲間6人で、「じゃぽにか」というアート集団として活動を開始しました。

「じゃぽにか」は、「炎上アート集団」や「悪ノリアート集団」とも呼ばれ、すでにある絵画のパロディを発表したりする学生の悪ノリから始まった活動をしていたという、異例の経歴を持っています。

杉ちゃんは大学の頃から本格的な芸術家としての活動を始め、現在では個展を開けば即完売というほどの画家になっているようです。

「アート界の異端児」とも呼ばれ、アート界では有名な方だったようなので、バチェロレッテの相手役候補に選ばれたのかもしれませんね。

 

バチェロレッテの杉ちゃんの絵の盗作疑惑は本当?

そんな経歴を持つバチェロレッテに出演していた杉ちゃんには、絵の盗作疑惑があります。

実際に、見比べてみると、そっくりなものが何点か見受けられます。

これは、前述したように「じゃぽにか」というグループ活動の名残ではないかと思われますが、そのような活動を続けているうちに、だんだん自分の個人の作品にもその作風が入り込んでしまったということではないでしょうか。

杉ちゃんは、この絵の盗作疑惑の件に関して、公式に謝罪をし、作品を参考にした事実を認め、反省しています

もちろん、既存の作品に影響されることなく、まったく独自の感性の作品もたくさんありますので、そちらはとても人気で、1作品が300万円で売れるものもあるみたいですよ。

 

バチェロレッテの杉ちゃんの大学と経歴まとめ!

今回はバチェロレッテに出演していた杉ちゃんの経歴や、絵の盗作疑惑について調査してみました。

杉ちゃんは、武蔵野美術大学出身で、「アート界の異端児」と言われるほど、アート界で活躍している方だったのですね。

また、学生時代から活動している「じゃぽにか」というグループでの活動が、パロディを使用して行うものだったことから、個人の作風にも影響を与えてしまい、絵の盗作を疑われてしまうことがあったようです。

しかし、この盗作疑惑についてもきちんと謝罪をし、反省しているようですね。

これから、バチェロレッテに出演した経験も踏まえて創作活動に生かしてもらいたいですね。

これからの活躍にも期待していきたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました