バチェロレッテの杉ちゃんは実家がお金持ち?名言集と吐きダコの真実!

2020年10月にAmazonプライムで配信を開始した「バチェロレッテ・ジャパン」に出演していた杉ちゃんが話題となっています。

そこで、今回は「バチェロレッテの杉ちゃんは実家がお金持ち?名言集と吐きダコの真実!」と題しまして、バチェロレッテの杉ちゃんの実家や名言について調査していきます。

バチェロレッテの杉ちゃんの事が気になっている方は、ぜひご覧になってくださいね。

バチェロレッテの杉ちゃんの実家がお金持ちなの?

「バチェロレッテ・ジャパン」では、福田萌子さんと一緒に杉ちゃんの実家に行く機会がありました。

杉ちゃんの家族は、父母と姉の4人家族のようですね。

お父さんは、杉ちゃんに「作家は定年がないからええな」と話していたというエピソードを杉ちゃんがブログに載せていることから、普通の会社員だと思われます。

では、お金持ちではなく、普通の家庭なのでは?と思ってしまいますよね。

しかし、杉ちゃんは、高校を実家から少し離れた芸術学校に行っていたようなのですが、その高校に行くことを勧めたのは、両親なのだそうです。

普通は、画家の息子でもない限り、将来性が不安定なアーティストの道を両親が進んで勧めるということはありませんよね。

芸術学校って学費が高いでしょうから、なるべくなら普通科の高校に行っていい大学に入ってほしいと思うのが親の常ではないでしょうか。

なので、画家を後押しした杉ちゃんの両親は、どんな仕事をされているのかはわかりませんが、ある程度お金持ちなのではないかと思われます。

バチェロレッテの杉ちゃんの名言集!

バチェロレッテの杉ちゃんは、芸術家ということもあり、表現力が豊かで、「バチェロレッテ・ジャパン」に出演していた時に、様々な名言を残しています。

そんな言葉に、見ている人も共感を覚えたのではないでしょうか。

代表的な名言はこちら。

 

愛とは「花びら」

台湾デートの際に、十分でランタンに愛とは何か?を書こうと福田萌子さんと一緒に書いた杉ちゃんの言葉が「花びら」でした。

花びらは、ふわふわと飛んで行って、あっち行ったりこっち行ったりして、つかみどころがないという意味のようです。

お金とは「表現の羽」

同じく、ランタンにお金とは何か?というお題で書いた言葉が「表現の羽」でした。

こちらは、自分が自由にはばたくためのお金であり、表現するということは生きていくことにつながるというアーティストである杉ちゃんらしい素敵な一言ですね。

あなたは生きるのに必要不可欠

この言葉は、初めて福田萌子さんに思いを告げた時に話した言葉で、福田萌子さんと出会ってから、自分が成長し、自分でも思っていないほどびっくりしているということをあらわした一言です。

こんなこと言われたら、感動しちゃいますよね。

わしが聞きてぇわ

バチェロレッテの最終回で自分が選ばれず、もう一人の黄皓さんが選ばれたと思っていた杉ちゃんでしたが、黄皓さんに「杉ちゃんが選ばれたんじゃないの?どういうこと?」と言われたときに発した言葉がこれでした。

視聴者も爆笑だったようで、かなり話題になった一言ですよ。

バチェロレッテの杉ちゃんの吐きダコの真実!

「バチェロレッテ・ジャパン」の視聴者の中で、杉ちゃんの右手に吐きダコがあると話題になっているようです。

実際には、杉ちゃんは吐きダコがあるのでしょうか?

手の甲にできるといわれる吐きダコですが、見た限り、手の甲には吐きダコのようなものは見当たりません。

憶測ですが、杉ちゃんは画家なので、指にペンダコができていることを間違って吐きダコと勘違いした方がいたのではないでしょうか。

特に異常なやせ方をしているわけでもないので、吐きダコ説は、ただの噂だと思われます。

バチェロレッテの杉ちゃんは実家がお金持ち?の【まとめ】

今回は、バチェロレッテの杉ちゃんの実家はお金持ちなのか?ということを探ってみました。

実際には、お父さんが何の仕事をしているのかわかりませんが、杉ちゃんを芸術学校に進学させていることから、普通よりお金持ちなのではないかと考えられますね。

また、杉ちゃんの素敵な名言もたくさんありました。アーティストというのは、表現力が素晴らしいのですね。

これからも、杉ちゃんの活躍を応援していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました