未来への10カウントの桐沢史織(波瑠)は生きていた?そっくりな女性の正体は?

未来への10カウントの桐沢史織(波瑠)

未来への10カウントの第5話のラストで衝撃の場面がありました!

桐沢祥吾(木村拓哉)の妻で、病気で亡くなったはずの桐沢史織(波瑠)と対面したのです。

桐沢史織(波瑠)生きていたのか?それとも…。

 

未来への10カウントの桐沢史織(波瑠)は生きていたのか?

未来への10カウントの第5話のラストで桐沢祥吾(木村拓哉)の妻で、病気で亡くなったはずの桐沢史織(波瑠)との対面をした。

しかし、ストーリー上では桐沢史織(波瑠)は病気で亡くなっている。

ここで、桐沢史織(波瑠)は生きていたというストーリーになるのは考えにくいので、ただ単にそっくりな方がいたということかもしれない。

でも、なぜ桐沢史織(波瑠)とそっくりな女性が現れたのか。

 

未来への10カウントの桐沢史織(波瑠)とそっくりな女性の正体は?

未来への10カウントの第5話のラストで、桐沢史織(波瑠)のそっくりな女性の正体が話題になっています。

この女性は、桐沢祥吾(木村拓哉)のことを「しょうちゃん。」を読んでいましたね。

コレは桐沢祥吾(木村拓哉)が呼ばせたのか?

それとも、桐沢史織(波瑠)と、何か深い関係があるのでしょうか…。

 

未来への10カウントの桐沢史織(波瑠)は生きていた?そっくりな女性の正体は?【まとめ】

未来への10カウントの第5話のラストの桐沢史織(波瑠)は生きていた?このそっくりな女性の正体について考察してきました。

今のところは、生きていた説はストーリー的にはありえないと思いましたので、そっくりな方がいたということになると思います。

しかし、なぜか桐沢祥吾(木村拓哉)のことを「しょうちゃん」と読んでいるので、全き雨関係ない人でもなさそうですね。

今の時点でわかっているのはこのくらいですので、新しい情報が入りましたら追記いたします!

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました