ユンスナノバブル美白化粧水は敏感肌や乾燥肌でも成分による副作用はないの?

ユンスナノバブル美白化粧水の成分や副作用が気になる方必見です!

この記事ではユンスナノバブル美白化粧水の以下のことを解説しています。

  • 敏感肌や乾燥肌でも使えるのか?
  • 配合されている成分による副作用について

詳しく解説していきます!

 

ユンスナノバブル美白化粧水は敏感肌や乾燥肌でも使えるの?

ナノバブル美白化粧水の成分

敏感肌や乾燥肌の方も使用できますが、配合されている成分等が気になる方は上腕の内側でパッチテストを行ってから使用することをオススメします。

ユンスナノバブル美白化粧水は、使用前に振ってナノバブルを発生させてから使用します。

このナノバブルは0.0001mm以下の粒子のようで、なんと毛穴の1/300サイズだということです。

とても小さい粒子のため肌に浸透※しやすく、保湿力が期待できるということですので敏感肌の方や乾燥肌の方でも使いやすいですね。

※角質層まで

ユンスナノバブル美白化粧水の成分による副作用を調査!

ユンスナノバブル美白化粧水の、成分による副作用を調査したのでご紹介していきます!

 

成分①L-アスコルビン酸 2-グルコシドの副作用は?

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水に配合されている成分の1つ目はL-アスコルビン酸2-グルコシドです。

L-アスコルビン酸2-グルコシドはメラニンを抑えこれからできるシミ※やそばかすを防ぐ効果が期待できます。

副作用について調査しましたが、副作用について記述されているものは見つかりませんでした。

※メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ

成分②グリチルリチン酸ジカリウムの副作用は?

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水に配合されている成分の2つ目は、グリチルリチン酸ジカリウムです。

こちらの成分の副作用に関して調査してみましたが、こちらも特に副作用についての記述は見つかりませんでした。

 

成分③加水分解ヒアルロン酸の副作用は?

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水に配合されている成分の3つ目は加水分解ヒアルロン酸です。

加水分解ヒアルロン酸とはヒアルロン酸の分子をさらに小さくしたもので、角質層深くまで浸透してくれる作用があります。

こちらの成分も副作用について調べてみましたが、特に記述が見つかりませんでした。

 

成分④生コラーゲンの副作用は?

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水に配合されている成分の4つ目は生コラーゲンです。

生コラーゲンは肌に近い成分でできているので、基本的には副作用が出にくいそうです。

しかし、中にはアレルギー反応を引き起こしてしまう方もいるようなので、気になる方はパッチテストをしてから使用することをオススメします。

 

成分⑤パールエキスの副作用は?

ナノバブル美白化粧水の成分

ナノバブル美白化粧水は敏感肌や乾燥肌でも成分による副作用はないの?

ユンスナノバブル美白化粧水に配合されている成分の5つ目はパールエキスです。

パールエキスとは、真珠の母貝のアコヤガイから抽出した潤いを守る成分のことです。

副作用について調査しましたが、それについて記述されているものは見つけられませんでした。

 

ユンスナノバブル美白化粧水は認められた医薬部外品だから嬉しい!

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水は「化粧品」ではなく「医薬部外品」に指定されています。

医薬部外品とは、効能に有効な成分が一定の濃度で配合されているもののことです。

化粧品とは、医薬部外品よりも効能がさらに緩和なものが配合されています。

つまり、化粧品よりも医薬部外品の方が効能に期待できるということです!

 

ユンスナノバブル美白化粧水の成分は5つのフリーだから低刺激!

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水にはパラベン・アルコール・鉱物油・着色料・香料などの成分を配合しておりません。

これらの5つの成分フリーにより、低刺激な化粧水にもなっています♪

 

ユンスナノバブル美白化粧水の成分と副作用【まとめ】

ナノバブル美白化粧水の成分

ユンスナノバブル美白化粧水の成分と副作用のまとめです。

  • 敏感肌や乾燥肌の方にもオススメ!
  • 配合されている成分には副作用の心配は少ないと言える
  • 医薬部外品に指定されているので効能が認められている

敏感肌や乾燥肌の方も使いやすい化粧水になっています!

気になる方は公式サイトからお得に購入できるようですのでそちらから購入されてみてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました